• TOP
  • >
  • プロフィール 新井宗平

プロフィール


新井宗平 

元NHK教育TV「たのしいきょうしつ」の歌のお兄さん。
全国各地で繰り広げる自身のファミリーコンサートは2000回を超える。
 

【主な活動記録】 

自身のファミリーコンサートの他にも、ジャンルを超えた一流アーティストと共演するなど、子ども達に音楽の豊かさ、楽しさを伝える活動もしています。
〈辻久子(バイオリニスト)竹中真(ジャズピアニスト)、NHK交響楽団、大阪交響楽団 など〉
 
国連青少年環境フォーラム「あたたかい心を育てる運動」の一環として、「世界中の子ども達が幸せになるために」をテーマにラブフォーチャイルドコンサートを全国で展開。
 
クラウンレコードより発売中の『こどものうた』シリーズで 「ちょんまげマーチ」「あ・い・う」「バナナの親子」「くいしんぼおばけ」など数多くの楽曲を歌っています。
 
株式会社メイト社より、遊び歌のCDブック『どうぶつさんの1・2・サンバ』『世界はともだち』などを出版。8年にわたりサマースクール講師を務める。
 
他にも、博覧会のテーマ音楽やテレビCM CFソング、ファミリーミュージカルの作曲、アレンジ、音楽監督、またドラム、パーカッション奏者として有名アーティストとのセッションなどその音楽活動は多岐にわたる。
 
NHK総合TV「関西お昼前」で新井宗平の「音楽の回り道」を担当。演奏を交えながらのいろいろな音楽の楽しいお話は、「解りやすい、音楽っておもしろい!!」そんな声が続々届きました。
 
現在も、ホールでのファミリーコンサートをはじめ、幼稚園・保育園での歌の遊園地コンサート、お母さんを元気にする子育て支援コンサートなど、子ども達に関わる音楽活動を精力的に続けています。
 
一方、障害を持つ娘の父親として障害児・者対象のコンサートにも力を注ぎ、その活動に対して兵庫県から『のじぎく賞』を受賞。長きにわたる子ども達への音楽活動で感じた想いは、心のメッセージとなり、先生やお父さん、お母さん、子どもを取り巻くすべての人たちへ、涙と喜び、勇気と感動を与え、歌のある講演会として全国に広がっています。